トレーダーズショップ

トップかごを見るご注文状況このページのPC版



<< トップ / 《読者のご意見》一覧 /

1日1回のレンジトレード シンプルで一貫した売買指針システム

本書の考え方・トレード手法に、自分自身のトレード手法が似ていることから手に取った。 内容は、主観を排除し客観性を担保する事に留意され、手法自体はとても洗練されていると思われる。

また、本書の手法を実際に2週間ほどデモで試してみたが、確実に利益は出る。 しかしながら、このままではやはりクセが強く、連敗も避けられないと思われる。 それを考慮しても参考になる記述は多い。 巷にあふれる商材・セミナーなどに傾倒する前に、本書を読んでみてはどうか。

個人的には、本書のベースとなる部分には共感し、この手法を発展させてみると面白いと感じた。 レンジトレードが苦手な人、初心者の人には最高の教科書になるだろう。 文章も平易で読みやすいので、繰り返し読んでマスターしたい内容だ。

ラオウちゃん、30代、医師


ピボットポイントを活用した売買手法は、これまでもいろいろと紹介されている。

EminiS&P500先物のような日中のボラティリティが高めの商品を取引するのは、これまで通りのレンジブレイクアウトを駆使したトレードスタイルが有効だろう。

本書では、著者が独自に開発したジャーディンレンジを使ったトレード方法を端的に解説している。

第1章を読めば、この本の概要が理解できる。実践者はシンプルなアクションプランを好み、単純なアプローチで売買する傾向が強い。マイケルもその一人のようだ。

なりた・ひろゆき


商品説明ページへ
お買い物かごに入れる

一覧に掲載されていない商品は モニタ募集中です


<< トップ / 《読者のご意見》一覧 / Page Top

Copyright(C) Traders Shop All Rights Reserved.