トレーダーズショップ

トップかごを見るご注文状況このページのPC版



<< トップ / 《読者のご意見》一覧 /

ワイルダーのアダムセオリー

J・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア/長尾慎太郎/吉田真一 パンローリング

「マーケットの変化に対応し続けるために」

株式投資をしていると、上手くいかなくなる時が訪れます。

投資手法がマーケットの変化に対応できなくなっていることを本書は教えてくれます。

どんな手法であれ、株価が上昇するには銘柄がトレンドに乗る必要があります。 トレンドに乗る銘柄を発掘するには、何が重要であるか? それを見つけるヒントが本書にはちりばめられています。

規律に対して、人間が段々緩慢になることも、自らの投資を顧みるうえで大いにプラスとなりました。

のんびり投資家
兼業投資家 投資歴(個別株10年)


(旧版へのレビュー)

 サブタイトルにもある様に、“未来の値動きがわかる究極の再起理論”ということで先入観なく考えると“なんだか難しそうで、理解するのに非常に苦労しそうなモノ”と捉えてしまいそうです。しかし、読み終えてみると、意外にも簡単で、読む人によっては、“あっけない”と感じるかもしれないと思いました。

 全部で33章、約140ページの本ですが、一章一章を順番に読んでいくことで内容を理解していくことができます。大切な所は太文字で書いてあるので、その意味をよく理解しながら読み進めていくことをお勧めします。

 個人的に感銘を受けたのは、成功しているトレーダーは“相場観に基づいたトレーディングは決して行わない”という事です。普通、この“相場観”がトレードで成功するうえでの鍵になっています。よく“あの人の相場観はスゴイ”とか、使われる言葉です。自分自身、この相場観には、惑わされていましたが、内心こんなものに頼ってトレードしていていいのかな?と思う事もありました。しかし、本書を読めば、それがトレードをするうえで、どれほど危険なことなのか理解できると思います。

 おもしろいのは、アダムセオリーを使ってのトレードです。例として“綿花”“イーストマン・コダック”“コーヒー”が挙げてあります。売買のポイントや増し玉のポイントなどが説明してあるので、実際のトレードを考える上でも非常に役に立つと思います。

 本の構成自体が、“アダムセオリーの復習”“トレーディングの基本ルール”の章を設けるなど、読者の理解を促す工夫がなされており、投資の初心者にもお薦めの本だと思います。

ペンネーム ラッキー・キャット


商品説明ページへ
お買い物かごに入れる

一覧に掲載されていない商品については モニタ募集中です!


<< トップ / 《読者のご意見》一覧 / Page Top

Copyright(C) Traders Shop All Rights Reserved.