トレーダーズショップ

トップかごを見るご注文状況このページのPC版



<< トップ / 《読者のご意見》一覧 /

相場の張り方 先物の世界

鏑木繁 パンローリング

タイトルが相場の張り方というふうに、いかにも昔風のもので すが、1988年に重版をして以来、増刷されることがなかっ たそうです。以前復刻された「マーケットの魔術師」のように 、例えいい本であっても、そのまま放置されてしまうことがあ るということでしょうか?

この本には、大きくわけて、〜蠑譴紡个垢訃紊任凌換修┃過 去の相場の出来事、人物についてが書かれてあります。

「相場は、心理を極めるのが真理である」

とたった今、私めが定義しましたように(笑)、相場をやる上 で、心理面はとても大事でしょう。

例えば、「大勝利は神様にいたずら」の項に書いてありますよ うに、「怖いようにやることなすこと当たる、このとき、本人 は自分の力だと過信している。」これなんかは、よくありがち なことでしょう。 しかし、「ところがこのツキは自分のものではない、神様のい たずらである」まではいいすぎだと思います。自分の実力がま るでないならば、そもそも全然勝てないと思います。

要するに、自分の力を過信するところから油断が生ずる、 その油断が破滅を招く。といったところでしょうか?

その後に、50億もうけた、100億とったという相場師は沢 山見てきた。と書いてあるのですが、ほんとかしらん? と思ってしまいます。まだまだ現実感がないから、こう思うの かもしれませんが、死ぬまでには、なんとか達成したいもので す。(笑)

あとは、本間宗久の生涯について書いてあるところがあります 。彼は、自分の甥に国を追われているのですね。知りませんで した。その後、宗久とその甥がどうなったかも書いてあり、興 味深く読みました。

全体的に、相場をする上で参考になることが書いてあり、とて もためになりました。

ただ、林輝太郎さんの本にもあるのですが、証券会社のセール スマンとのやりとりについて書いてあるところに、一昔前の本 だなと感じさせられました。(今はネットでできるので、セー ルスマンを介する必要ないですから。)

(30代、ペンネーム bblue、会社員)


商品説明ページへ
お買い物かごに入れる

一覧に掲載されていない商品は モニタ募集中です


<< トップ / 《読者のご意見》一覧 / Page Top

Copyright(C) Traders Shop All Rights Reserved.