トレーダーズショップ

トップかごを見るご注文状況このページのPC版



<< トップ / 《読者のご意見》一覧 /

オプション売買の実践 <日経225編>

増田丞美 パンローリング

私は日経平均先物とオプションの取引の両方に口座を開設しておきながら、 オプションの取引に踏み切れていない状況にいました。

その理由は漠然とオプションの仕組みやその値動きが腑に落ちない状況が続いていたからでした。

具体的にはオプションの価格の動きがデルタに依存しており、先物の値動きと異なる動きをする点やオプションの売り戦略とはどういうリスクを取ることになるのか、 何となく分かっていてもどうも実践に移せていなかった点がありました。

本書ではオプションの買い戦略と売り戦略について実際の日経平均のチャートを元に説明がされており、実感が湧きやすく、とくにボラティリティー(IV)の重要性を説いる点は先物の取引にも通じると思いました。売り戦略の怖さに関する示唆も参考になりました。

本書で最も印象的だった点は、オプション取引は愚直にボラティリティーとデルタの変化からリスクリターンを考え、確率に基づいた取引をすればよいという考え方が首尾一貫していました。どのような考え方でどのように対処すればよいのか読み進めながらシミュレーションが出来る点で本書は中級者向けだと思います。

また日経平均のオプション取引と先物取引を併用した場合の戦略も具体的に 述べられており、オプションだけ、先物だけの解説書と異なる視点があるのもありがたいところでした。

筆者も述べている通り日経平均のオプション取引は商品設計上買い側に不利に作られているために、他の選択肢があれば敢えて選ぶべきでないという指摘には説得性があり、これらの指摘されている点が日本でのオプション取引の敷居を高くしてしまっている原因ではないかと私も感じました。

以上の点から、本書は日経平均先物を経験し、オプションの入門書を読み終えた人が次の実践に移すステップで日経平均のオプション取引における考え方を勉強.吸収する際の良書であると思います。

(昼は会社員、夜はトレーダー 30代 会社員)

商品説明ページへ
お買い物かごに入れる

一覧に掲載されていない商品については モニタ募集中です!


<< トップ / 《読者のご意見》一覧 / Page Top

Copyright(C) Traders Shop All Rights Reserved.