携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 7月30日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践
トップ > 浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践 >

第8回 今年の8月は、いつもの「冴えない8月」とは違うのか

2021.7.12


<著者プロフィール> 浜口準之助(はまぐち・じゅんのすけ)

黄金サイクルと農耕民族型投資戦略 約15年にわたり機関投資家のファンドマネージャーとして株式運用に従事。信託銀行などで主に年金資金の日本株運用を行う。その後約14年にわたり投信運用会社にて投資環境のセミナー講師に携わる傍ら個人投資家として株式運用を行い、「億り人」の仲間入りを果たす。「浜口流コア・サテライト戦略」を提唱し自らも実践している。「醍醐味に満ちたライフワークとして、株式投資に勝るものなし」との基本観から、個人投資家に実践的な株式投資手法の研究を続けている。 社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。主な著書に『黄金サイクルと農耕民族型投資戦略』(パンローリング刊)、ブログ 浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式運用 をほぼ毎日更新中、こちらでは旅の話もしている。




浜口です。今回もまた、投資銘柄フォロー・定点観測から始めましょう。

まずは前回の当ブログのアップ日(2021年6月28日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」下記2つの図、上は株価が6月25日時点、下はその2週間後、株価が7月9日時点のデータです。

コア・サテライト戦略 株式銘柄群

コア・サテライト戦略 株式銘柄群

この2週間については、すべての銘柄が下落していることがわかります。背景には米国長期金利の低下の影響、一方で国内、特に東京において、新型コロナ感染者数が再度増加に転じたことなどがあるのかもしれません。しかし私はこの点について、先週末にかけ、相場の潮目が変わったと考えます。なぜか。

米国長期金利については、先週末にかけそれまで金利低下していたものが一転、金利上昇に転じたのではないか。それを受け日本の景気敏感バリュー株も、金曜日11時ごろにコツンと来て、上昇に転じたのではないか。そう考えます。

加えて、先週末のNY株式市場も景気敏感バリュー株中心に大幅高、米長期金利も底打ちしている。以上からここに掲載している銘柄群については、基本、継続保有で問題ないと思います。後で追加説明します。

一方でもう一つの投資戦略、「商船三井ロング・日本郵船ショート」について、以下説明していきます。

コア・サテライト戦略 株式銘柄群

コア・サテライト戦略 株式銘柄群

上のグラフは6月25日時点、下はその2週間後、株価が7月9日時点のデータです。

7月9日時点では商船三井の株価は5,030円、一方で日本郵船は5,340円と、株価の単純比較では310円ほど日本郵船が高い状況です。前回レポート発行日(6月14日)の両銘柄終値比較では、さやが100円ほど縮小していることがわかります。

私は現在、このさや通りポジションを「結果的に」持っています。「結果的に」が意味するところとは。

私は日本郵船でデイトレもしているんです。寄り付きで売り買い両建てを行い、株価のボラティリティーが高い日本郵船の特性を活かして、売り玉買い玉両方で利食いを目指す。この日は買い玉は利食いできたが、売玉はできなかった。一方で私は、そこそこ大きな額の商船三井の現物買いポジションを持っているので、今回売却できなかった日本郵船の売り玉はそれに対するさや取りポジションとして扱おう。暫定的ながらそう決めました。今後どうなるか。ちょっと楽しみではあります。

なおグラフは過去3カ月の商船三井と日本郵船の株価を示したものです。グラフは日経SmartChartPLUSを用いて、概ね、重なるように作っています。(日経SmartChartPLUS

さて、ここからは今回のメインテーマ、「今年の8月は、いつもの『冴えない8月』とは違うのか」について考えてみたいと思います。

会社四季報ONLINE
出所:会社四季報ON LINE株式相場の雑記帳 2019年8月6日付岡村友哉氏著「9月に投資の世界に戻ってくる」が正解!?

このグラフは、2008年〜2018年にかけて、10年間のTOPIXと日経平均の月別パフォーマンス推移を表したものです。データのエンドが2018年と少し前の分析ですが、ここでは新コロ禍でかく乱される前の市場分析を行いたいわけで、このデータで妥当と考えます。

株式運用の世界で。今後の相場を見通すうえで、禁句と言われる言葉がある。それは This time、It's different(今回だけは違う)ですね。これを知った上で私は、あえて申し上げるんだけれども、今年の8月は、いつもの『冴えない8月』とは違うのではないか。その理由はこれまで当レポートで書いてきた通りですが、あらためてここで整理・加筆し、説明していきます。

まず、7月5日ですね。東京都議会選。公明党が大勝利した。そして代表の山口氏は、go to travelの再開を主張している。菅首相が作ったこのスキームに、菅さんが異議を唱えるわけがない。時間の問題で、まず再開されるでしょう。そうなると、re-opening銘柄ともいわれますが、経済再開銘柄の上昇が、こちらも時間の問題で始まる。ではその時期はいつか。

メインシナリオは8月から9月にかけて。まず日本株固有の上昇期待要因として、9月上旬に想定されている衆議院解散総選挙がある。これは前回のレポートでも書いてますが、日本国内もこの頃には希望者に対するワクチン接種がほぼ終わり、新コロ騒動も終焉を迎える。そうなると世の中のムードは一転、明るくなると思う。なぜそうなるのか。現在のアメリカがそうだから。日本はアメリカより3ヶ月から半年遅れて、現在のアメリカの状態を取り戻すことでしょう。ワクチンが行き渡った後で菅総理が解散総選挙をする。自民党が圧勝だ。

次の首相も菅さんでしょう。となると彼は勝利宣言、その象徴としてGo to再開を掲げることになる。公明党がそれに歩調を合わせる。そのことは日本の観光業の景気回復を加速させる。このシナリオに乗っかる銘柄としては、既出の9201JAL 9202 ANAに加え、旅行代理店の9603HISあたり。そう考えます。以上、今後の相場見通しについては、2週間前とほぼほぼ変化なしです。

以上に加えて、今回はらしくなく、今週の相場見通しを書いてみたい。以下の2021年7月11日付日経ヴェリタスの記事を、特にピンクのマーカーで強調している部分を中心にご覧ください。

7月11日付日経ヴェリタス

タイトルにありますとおり、先週の東京株式市場では上場ETFの配当支払いのため、ETFが保有している株を一部現金化する動きがあった。これが一巡した現在、今度はその分配金の一部が再投資される展開となる。つまり株式の需給関係が、先週末と今週とでは、見事に逆転するということ。そんな見方がこの記事の主旨と考えますが、まあ、違和感ないところですね。

繰り返します。日本の景気敏感バリュー株は、先週金曜日11時ごろコツンと来て、上昇に転じているが。これは前段で書いた米国株式市場や債券市場の動きも背景にあろうが、ここで説明したことも当然、それに加わるかたちでポジティブに影響します。そう考えると、今週の株式市場は堅調な展開が期待されますし、場合によっては。これまで私は株式市場が上昇するは8月から9月にかけてではないかと書いてきましたけれども。株価上昇はすでに、先週金曜日の午前11時ごろから始まっている可能性もある。

まぁこれは終わってみないとわからないところではあるし、なによりポジショントークですので、話半分で聞いていただきたいが……期待したいところではありますね。どうなるか。

以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。

なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。


前へ戻る次へ進む

キーワード検索: #高配当 #景気サイクル #株式サヤ取り

■投資ニュース

  • 2021/08/03 14:02:イー・ガーディアン---期末配当予想の修正
  • 損小利大!「ドローダウン」ランキング (07/20更新)

    バックナンバー

    高リターン・低ドローダウン戦略

    1. 高リターン・低ドローダウン戦略
    2. トレーディングエッジ入門
    3. DVD 石原順のメガトレンドフォローシグナル
    4. FX自動売買の基礎と実践
    5. (EA) Trader Kaibe の quasar/ドル円版


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (30MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。