携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 1月25日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/12/09 16:21, 提供元: フィスコ

北京五輪ボイコットできない岸田政権の対中友好がクワッドを崩す(2)【中国問題グローバル研究所】

*16:21JST 北京五輪ボイコットできない岸田政権の対中友好がクワッドを崩す(2)【中国問題グローバル研究所】
【中国問題グローバル研究所】は、中国の国際関係や経済などの現状、今後の動向について研究するグローバルシンクタンク。中国研究の第一人者である筑波大学名誉教授の遠藤 誉所長を中心として、トランプ政権の ”Committee on the Present Danger: China” の創設メンバーであるアーサー・ウォルドロン教授、北京郵電大学の孫 啓明教授、アナリストのフレイザー・ハウイー氏などが研究員として在籍している。関係各国から研究員を募り、中国問題を調査分析してひとつのプラットフォームを形成。考察をオンライン上のホームページ「中国問題グローバル研究所」(※1)にて配信している。

◇以下、「北京五輪ボイコットできない岸田政権の対中友好がクワッドを崩す(1)【中国問題グローバル研究所】」の続きとなる。

◆親中まっしぐらに突き進む岸田政権
そもそも岸田首相は11月16日の時点で、ウイグル問題など人権侵害に関与した外国当局者らに制裁を科せる「日本版マグニツキー法」の制定を当面見送る方針を固めていた。G7の中でマグニツキー法を制定しない方向で動いているのは日本一国だけである。習近平への配慮からであることは言うまでもない。

そこへさらに林芳正氏を外相に充てたということは、もう親中まっしぐらで行くことを示唆している。

私は林氏と何度かテレビ対談をしているが、林氏は人格的には威張ってなく、フランクな感じで好感が持てる。ところが対談を始めてみると、驚くほどの親中ぶりを発揮し、私はナマ放送で思わず「あり得ない!」と言ってしまったという経験がある(2018年10月)。

それもそのはず、林氏はそのとき日中友好議員連盟(日中議連)の会長だった。

2019年5月5日には日中議連の代表として訪中し、北京でチャイナ・セブンの一人である汪洋(全国政治協商会議主席)と会見している(※2)。

汪洋はこの時、日中議連の長年にわたる中国への貢献を讃え、特に「去年は習近平主席と安倍首相が何度も会い、一帯一路プラットフォームを通して協力と友好を深めている」と礼賛した。

さすがにこのまま外相を務めるのはまずいと思ったのだろう、今年11月11日に外相就任と同時に林氏は日中議連の会長職は辞任したものの、際立った親中派であることに変わりはないだろう。

今年11月18日には中国の王毅外相と電話会談(※3)しているが、林氏の方から「来年は日中国交正常化50周年記念なので、日中友好を一層深めたい」と申し出、日本の報道によれば「王毅外相も賛同した」とある。林氏の方が日中友好に積極的なのだ。

また中国側報道では、王毅が林氏に訪中を要請したとは書いてないが、林氏自らが、11月21日に「王毅外相から要請があった」と明らかにしてしまった(※4)。

◆中国はクワッドを骨抜きにする狙い
中国は東京五輪を支援し参加してきたのだから、日本が北京冬季五輪をボイコットするなどということはできないと思っている。

事実11月25日の外交部定例記者会見(※5)で趙立堅報道官は以下のように述べている。

――中国と日本は、互いの五輪開催を支援するという重要なコンセンサスがある。 中国は、東京五輪の開催にあたり、既に日本側を全面的に支持してきた。日本側には基本的な信義があるべきだ。(引用ここまで)

「重要なコンセンサス」が出来上がっていたということは即ち、日本は「こっそり」=「水面下で」、「すでに中国と固く約束を交わしていた」ものと解釈することができる。それを気性の荒い趙立堅がばらしてしまったことになろうか。

したがって岸田首相や林外相がどんなに言葉を濁しても、日本が外交的ボイコットをする可能性はないと言っていいだろう。閣僚のレベルを下げるくらいのことはしても、「政府高官」を誰一人派遣しないということはないということだ。

実はインドにしても同じことなのである。

11月26日、「中国・ロシア・インド(中露印)外相第18回会議」がオンラインで開催され、35か条に及ぶコミュニケが発布された(※6)。

その第34条には「外相たちは中国が2022年に北京冬季オリンピック・パラリンピックを開催することを支持する」と明示してある。

すなわちインドは、決して北京冬季五輪の外交的ボイコットをしないということだ。

念を押すように、ロシアのプーチン大統領が12月6日インドを訪問しモディ首相と対面で会談した(※7)。このコロナの中でわざわざインドまで行くというのは、よほどインドを重んじているためと解釈される。

これまで何度も書いてきたが、プーチンとモディは個人的に非常に仲良しだ。

プーチンと習近平の親密さも尋常ではない。

8月15日のコラム<タリバンが米中の力関係を逆転させる>(※8)や9月6日のコラム<タリバン勝利の裏に習近平のシナリオ ―― 分岐点は2016年>(※9)などでも書いたように、習近平は肝心な分岐点になると、必ずと言っていいほどプーチンに前面に出てもらって中国に有利な方向に国際社会を持って行くべく動いてもらう傾向にある。

今般もまたプーチンに前面に出てもらってインドを中国側に引き付けるべく水面下で動いていると解釈される。

このたびのプーチン訪印では、露印間で99条に及ぶコミュニケが出されたが(※10)、それらは軍事やエネルギー面などでの連携を強化する内容になっている。特に軍事領域における両国間の強化は、アメリカに対して非常に不愉快なものだろう。

プーチンにしてみればウクライナがNATO側に付くことだけは許さないという強烈気持ちがあるので、その意味でも中印との連携を強化したい。

クワッド(日米豪印)からインドが実質上抜け、日本がマグニツキー法や外交的ボイコットにおいてアメリカに同調しないとすれば、中国から見れば、クワッドは骨抜きになったに等しいのである。

岸田政権には中国が世界中で最も親中的だと位置付けている公明党が与党として入っており、中国が最もコントロールしやすいとみなしている日中議連の会長を務めていた自民党きっての親中派である林芳正氏が外相を務めているので、岸田政権は親中満載だと見ているだろう。

特に12月3日のコラム<習近平、「台湾統一」は2035年まで待つ>(※11)で述べたように、習近平はあくまでも経済で各国・地域を中国側に引き寄せておけば安泰という外交戦略で動いている。

もともと親中親韓的傾向の強いハト派である宏池会出身の岸田文雄氏が首相を務める岸田政権は経済連携において中国から離れることはない。

習近平にとって、こんなにありがたい政権はないのである。

日本はこのことに目を向けなければならない。



写真: 代表撮影/ロイター/アフロ

(※1)https://grici.or.jp/
(※2)http://www.xinhuanet.com/politics/2019-05/05/c_1124453709.htm
(※3)https://www.fmprc.gov.cn/wjbzhd/202111/t20211118_10449989.shtml
(※4)https://www.asahi.com/articles/ASPCP4W02PCPUTFK002.html
(※5)https://www.fmprc.gov.cn/fyrbt_673021/jzhsl_673025/202111/t20211125_10453188.shtml
(※6)https://www.fmprc.gov.cn/wjbzhd/202111/t20211126_10454095.shtml
(※7)http://en.kremlin.ru/events/president/news/67287
(※8)https://grici.or.jp/2483
(※9)https://grici.or.jp/2521
(※10)http://en.kremlin.ru/supplement/5745
(※11)https://grici.or.jp/2799





《FA》

記事一覧

  • 2022/01/25 20:01:欧州為替:ドル・円は114円15銭まで上昇
  • 2022/01/25 18:57:欧州為替:ドル・円は114円11銭まで上昇
  • 2022/01/25 18:15:日経平均テクニカル:急反落、大陰線もRSIは売られ過ぎゾーン
  • 2022/01/25 18:13:欧州為替:ユーロも小動き
  • 2022/01/25 18:00:25日の香港市場概況:ハンセン1.7%安で続落、科技指数は2.7%下落
  • 2022/01/25 17:56:欧州為替:ドル・円は113円90銭前後で小動き
  • 2022/01/25 17:52:JPXプラチナは底入れに近づいているか サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
  • 2022/01/25 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、リスク回避の円買いも有事のドル買い
  • 2022/01/25 17:14:25日の日本国債市場概況:債券先物は150円96銭で終了
  • 2022/01/25 17:02:東京為替:ドル・円は下げ渋り、夕方にかけてやや戻す
  • 2022/01/25 16:52:25日の中国本土市場概況:上海総合2.6%安で急反落、資源・素材セクターに売り
  • 2022/01/25 16:47:マザーズ指数は大幅に3日続落、5%近い下落で800pt割れ
  • 2022/01/25 16:43:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は大幅反落、ソフトバンクGと東エレクが2銘柄で約115円分押し下げ
  • 2022/01/25 16:29:【M&A速報:2022/01/25(2)】象印マホービン、スマートティーポット開発のLOAD&ROADに出資
  • 2022/01/25 16:18:サムティ---剰余金の配当を直近予想通りの51円で決定、年間配当は前期より8円増配
  • 2022/01/25 16:16:東京為替:ドル・円は底堅い、欧州勢はドル買い
  • 2022/01/25 16:16:リソー教育---3ヵ年の中期経営計画の策定、最終年度2025年2月期に売上高400億円を目指す
  • 2022/01/25 16:13:ジャパンベストレスキューシステム---上限50万株の自己株式取得を発表
  • 2022/01/25 16:13:JASDAQ平均は大幅続落、FOMC控えリスク回避の売り強まる
  • 2022/01/25 16:05:大阪金概況:上昇、朝高の後は伸び悩み
  • ■投資ニュース

  • 2022/01/25 20:01:欧州為替:ドル・円は114円15銭まで上昇
  • 「アノマリー」ランキング (01/19更新)

    バックナンバー

    投資アノマリーカレンダー2022

    1. 投資アノマリーカレンダー2022
    2. 為替手帳 2022 [ブラック]
    3. 1日わずか30分間の作業ですむ株式自動売買戦略
    4. トレーダーズ・アルマナック
    5. アノマリー投資 市場のサイクルは永遠なり


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。