トレーダーズショップ

トップかごを見るご注文状況このページのPC版


M.E.ポーター/土岐坤 競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか

競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか

M.E.ポーター, 土岐坤
ダイヤモンド社
A5版 659頁 1985年12月発売
本体 7,800円  税込 8,580円  国内送料無料です。
この商品は 1月31日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

<目次>

    ・日本の競争優位が危ない ―日本語版に寄せて
    ・序文

  1. 競争戦略 その中心概念

    競争優位の原理

  2. 価値連鎖と競争優位
  3. コスト優位の作り方
  4. 差別化の基本的考え方
  5. 技術と競争優位
  6. 競争相手の選び方

    業界内部の競争分野をどう決めるか

  7. 業界細分化と競争優位
  8. 代替に対する戦略

    企業戦略と競争優位

  9. 事業単位間の相互関係
  10. 水平戦略の効用
  11. 相互関係の活用
  12. 補完製品と競争優位

    攻撃と防衛の競争戦略

  13. 業界シナリオと不確実性下の競争戦略
  14. 防衛戦略
  15. 業界リーダーへの攻撃戦略

    ・あとがき
    ・索引

<「日本語版に寄せて」より>
この本は、競争優位を論じている。ますますグローバル化する市場という新しい時代に、会社が競争優位を守り、さらに創造するための方法に関して、理論的で厳密な理解へのみ知恵をお教えしたいと望んでいる。私の前著『競争の戦略』(ダイヤモンド社)は、業界構造と競争業者の行動を述べた本であった。この本は、前著の姉妹書でああって、主として、会社自体に焦点を当てて述べている。
この本の中心テーマの一つは、多角化企業の経営という問題である。私はこの本で、多角化にイたるベストの道の探しかたを述べると同時に、多角化によって生まれた各種の事業単位を、互いに戦わすのではなく、互いに力をあわせて強力にさせえる経営フィロソフィーを説明している。私が解説した競争条件に日本の会社が対応する場合に、多角化こそは中心課題になるはずである。
この本は、読みやすい本にしようと意図したものではない。競争優位は、スローガンすなわち単純な心理の反復から生まれはしない。会社のあらゆる側面を正しく理解し、会社のどの活動が競争相手に対して持続力のある差別化を生むのかを知ることから生まれるのである。この本で述べた概念やアイデアが、やさしくはないとしても、競争優位に至る道を一段と明るく照らしてくれることを祈ってやまない。

そのほかのお薦め

2022源太カレンダー(冊子版)


大岩川源太 源太塾(カレンダー)
2,750円 国内送料無料 すぐ発送

国の競争優位(上)


マイケル・E.・ポーター/土岐坤 /小野寺武夫/中辻万治/戸成富美子 ダイヤモンド社
6,942円 国内送料無料

国の競争優位(下)


M・E・ポーター/土岐坤/中辻萬治/小野寺武夫/戸成富美子 ダイヤモンド社
6,942円 国内送料無料

競争の戦略


M.E. ポーター/土岐坤/服部照夫/中辻万治 ダイヤモンド社
6,194円 国内送料無料 すぐ発送


この商品の著者による商品一覧: M.E.ポーター, 土岐坤

トップページへ