トレーダーズショップ

トップかごを見るご注文状況このページのPC版


ジョージ・ソロス/大原進 グローバル資本主義の危機  「開かれた社会」を求めて

グローバル資本主義の危機 「開かれた社会」を求めて

ジョージ・ソロス, 大原進
日本経済新聞出版社
四六判 358頁 1999年1月発売
本体 1,800円  税込 1,980円  国内送料無料です。
品切れのためご注文いただけません。 (発送可能時期について) Tweet

20世紀最大の投資家・慈善家・思想家 ソロスによる超話題作!

スミス、マルクス、ケインズに匹敵する現代の古典!

ジョージ・ソロスは金融の世界では伝説的な人物として、 その名はウォール街から武漢まで、マンチェスターからモスクワまで、 はたまたブリュッセルからバンコクまで、いたるところでとどろきわたっている。 彼が創設した「クォンタム・ファンド」は史上最高の運用実績を誇る 投資ファンドであり、また彼が組織した財団は冷戦後の世界の再編成に寄与してきた。 そのソロスがみずがらのもてる英知、専門知識および洞察力のすべてを駆使して、 崩壊過程にあるグローバル経済になにが起こりつつあるかを説明しようとした。 その結果はこの上なく重要な偉業となって実を結んだ。 それは何が誤りの原因であるかを説く驚くべき批判論であるとともに、 その誤りの是正法についての示唆に富む未来論である。 新著「グローバル資本主義の危機」で、ソロスは現在の危機と経済理論全般を鋭く分析し、理論上の仮説が人間の行動とあいまって、いかにして今日の混乱に 道を開いたかを明らかにする。 彼はまた、市場の力に絶対的な信頼を寄せる結果がいくつかの重大な不安定要因から われわれの目をそらせてしまった経過と、そうした不安定要因が連鎖反応によって 現在の危機---さらにもっと悪化する可能性もある危機---を引き起こした事情を解明する。 だが、まだ出口はある。そしてその出口は開かれた社会の概念を信奉することと無縁ではない。 そうすることによって、われわれは金融システムのみならず、わが文明をも救うことができるのである。

目次

第吃 概念的な枠組み
第1章:誤謬性と相互作用性
第2章:経済学批判
第3章:金融市場における相互作用性
第4章:歴史における相互作用性
第5章:開かれた社会

第局 歴史の現時点
第6章:グローバル資本主義システム
第7章:グローバル金融危機
第8章:崩壊を防ぐために
第9章:グローバルな開かれた社会へ向けて
第10章:国際的潮流
第11章:開かれた社会の課題
〜本書目次より〜

そのほかのお薦め

2022源太カレンダー(冊子版)


大岩川源太 源太塾(カレンダー)
2,750円 国内送料無料 すぐ発送

グローバル資本主義と日本の選択 富と貧困の拡大のなかで


金子勝/橘木俊詔/武者陵司 岩波書店
550円 国内送料無料 すぐ発送

大激震


堺屋太一 実業之日本社
1,760円 国内送料無料 すぐ発送

ソロス 世界経済を動かす謎の投機家


ロバート・スレイター 早川書房
2,420円 国内送料無料


この商品の著者による商品一覧: ジョージ・ソロス, 大原進

トップページへ